■「返仁橋」という名前の橋でした。日経テクノロジーにこの橋の名前についての記事がありました。



■返仁橋から見下ろした景色:敷地内に流れる小川をかこむ生い茂った木々。鳥のさえずりがきこえます。



■落ち着いた雰囲気の敷地内(人多いけど)



■70mほど歩くと開けた敷地が広がり、シートを引いて休んだりする人が。四方を囲むように地元の方々や農協・郵便局などがテントで焼きそばなどを売ってました



■再び歩くとこうした大きな木々が迎えてくれます



■耳たぶのようなでっぱり



■敷地内の池にはカモが放たれていました。スイスイと泳ぐので手持ちのカメラで追いかけて撮影するのは難しかったです(;´Д`)



■小川から池に流れ込む滝



■枯れたあじさいの花。季節になれば綺麗なのかも



■その2



■モミジの葉はまだ濃い緑色。もう少しすれば赤色にかわっていくのかな?



■庭園内の木々は皆高くのびていたのですが、池の端にあったこの木は一際目立っていました。



■ローアングルで撮影。かなりの年月でなければここまでのびないだろうな…



■風無くこうした木の下を歩くのはおちつきます



■森の中を歩きつづけると池がみえてきました。



■先ほど上から見た写真で紹介した滝がこのようにみえます。滝が落ちる音がここまで聞こえてました。



■おちついた雰囲気と思いきや、ここは東京。池に背中を向けると中央線の音やマンションが見えるのです。



■ふたたび森の中を歩きます



■蝉の抜け側をみつけました。



■蝉の抜け側その2。他にもいくつかの蝉の抜け殻がありました。暑い夏が先日のように感じてしまいます。



■庭園の多くがこのようにアスファルトなどで舗装されてない道です。サンダルで歩いていたおねーさんがコケたりしてましたw



その2へ